雨漏り修理の防水工事、新築時の欠陥が原因!?

雨漏り修理の防水工事、新築時の欠陥が原因!?
川崎で雨漏りによる屋上とバルコニーの防水工事。

現場はテレビCMでも有名な
大手ハウスメーカーのALCの建物。

雨風が強い日は必ず雨漏り。

長期間雨漏りしていた、部屋の天井は腐食。
雨漏りの特定は難しいもの。
さらに調査診断するごとに、怪しい部分を多く発見。

屋上とバルコニーはもちろん
外壁ALC(気泡コンクリート)パネルの目地など。

実際に工事に入ってふたを開けてみると…

新築時のずさんな工事が判明していく。

下地、ドレン、笠木の納め方など
有名ハウスメーカーとは思えない工事。

1センチは段差が生じている外壁の
ALCパネルの取り付けは驚くばかり。

ただ大手になるほど厳しい劣悪な予算や
環境で働かせられる下請けや孫請け業者が存在するのは
ごく普通なことで例外ではない。

施工自体は、下地を2度に渡って補修。
怪しい笠木周りもすべて撤去し修理。

改修ドレンを取り付け、クロスを貼って
サラセーヌによるウレタン防水。
http://www.nuru.co.jp/bousui/

今後一切雨漏りに悩むことがないよう
トコトン防水工事をさせていただきました。

株式会社 塗装職人
東京店⇒http://gaihekitosou-tokyo.info/
横浜店⇒https://www.nuru.co.jp/
マンション大規模修繕⇒http://www.tosoushokunin.jp/
0120-382-361



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)